体臭テロの破壊力はワキガ以上か?

ジメジメ6月梅雨の時期へ突入、うっとおしいですね。
湿気も上昇しニオイも並行して増加。
内干し中心となる洗濯物の仕上がりもイマイチ。

なんとなく古雑巾みたいなニオイが漂い不快指数はMAX。
この季節個人的には犬の散歩がうっとおしい管理人がお届けします。

f:id:tp315:20180611102411p:plain

今回は「体臭テロ」に関して面白い記事(ネタ元はテレビ番組)を見つけたので共有します。
また、ニオイ・体臭関係で悩まれてる人には消臭ケアの最新情報もお届けします。
それぞれに臭い悩みカテゴリに合わせて解決記事を読んでみてください。

前回の記事はこちら↓

「ワキガ手術の認識」まちがってませんか?

「体臭テロ」ってなに?

 

読んで字のごとく、まんま体臭によるテロです。
あなたが想像してる通りなら「ギクッ」とされた人も多いのではないでしょうか。

ワキガや加齢臭、最近ちまたで話題のミドル臭などは自分が思う以上に周りに迷惑をかけているのかもしれません。

参考 気になる体臭を撃退!間違ってませんか?その方法ワキガでごめんなさいネ。。

↓<もくじ>(興味ないところはスルーしてね)↓

それというのも、この記事を読む限りでは決しておだやかではないからです。

欧州の国際線航空機内の客室内で、搭乗男性の体臭があまりにひどいため苦情が殺到。途中の空港に緊急着陸するという騒動が起きた。

という、この事件。

並々ならぬ事態が勃発したようです。

「体臭テロ」が起きたのはオランダ・アムステルダム発のトランサヴィア航空のフライト。離陸直後から問題男性の周囲の乗客から客室乗務員に苦情が寄せられていたが、間もなく乗客たちが次々に嘔吐。失神者まで出るパニック状態に。

これは、ただ事ではないですよね。
間違いなく事件です。

news.nicovideo.jp

体臭問題で緊急着陸I?

この体臭の当事者はもはや容疑者(?)というより加害者扱いですね。
自分の体臭のせいで賠償金を払わせられるコトになるのでしょうか?
緊急着陸により様々な損害が生じたのは間違いないですから。

他乗客の民事裁判も考えられます。

クサい体臭=加害者

恐ろしい世の中になったものです。
今では、「香害」などパワハラが認定されるような時代です。
この事実は貴重な事例として肝に銘じておかなくてはなりません。

しかし、このニオイを発生した当事者はどんだけ臭いニオイだったのか・・・想像すらつきません。

記事に詳細は書かれてないので想像するしかありませんが、コメ感想にもあるようなニオイの原因が考えられます。

体臭テロ加害者はどんな体臭?

①強烈なワキガの持ち主、加齢臭、ミドル脂臭
何日も風呂入ってない。ホームレス。
③シュールストレミング級の体臭の持ち主

①は、日本と違い諸外国はワキガや体臭の体質がかなり濃く、慣れているという日常があります(黒人などは100%ワキガと言われています)
なのに、これだけの大騒ぎに果たしてなるものなのでしょうか。
ちと疑問がありますね。

②に関しても、何日も風呂に入ってないからといって、人がゲロッたり失神するまでの悪臭になるとは思えません。

ホームレスの方に関してはニオイから電車内とかでみかけたり、座ってたであろう座席が臭ってたりしてた経験がありますので、あり得るかもしれませんね。
しかし、失礼ながらホームレスの方が国際線航空機を利用するシチュエーションが良く理解できません。

③は、そんな体臭を持った人間がこの世に存在するのか∑o(*’o’*)o??
というストレートな疑問が生じます。

シュールストレミング缶詰の記事はこちら

ワキガと「世界一臭い缶詰」 | ワキガでごめんなさいネ。。

f:id:tp315:20180611113741j:plain

体臭テロに至った経緯を考える

これはあくまで仮説であり、想像の域を脱しないのですが。
ワキガのケアでも悪臭のドツボにはまるパターンがあります。

消臭ケア用品の間違った使い方から悪臭を呼び込んでしまうケースがそれです。
これは主にワキガの人対象に言えることです。

市販の安価なスプレー、クリームを大量に何度も塗り返した場合。
・化学合成の消臭成分がワキガ臭とバッティングし、イヤな臭いを呼び起こします。
つけて直ぐは香料により一瞬ニオイがごまかされますが消臭はしていません。
重ねて塗るほどに、悪臭は倍増するばかりです。

香水を大量に振りかけた。
・上記同様、ワキガ強の人では強い香水によっては”イヤな臭いの呼び起こし”現象が起きます。

大量の汗が染みた衣服をそのまま何日も着ている。
・実はワキガがニオウのは衣服からなんです!

 

現場検証

加害者とされる人が強度のワキガだった場合、上記の事を加味しながら現場の状況を考えると。

・航空機内という室内密室の中人が密集することにより室温が上昇。

・加害者とされるワキガ強の当事者はどんどんわき汗をかきニオイが大量発生。

・そこに、あせって香水なり、消臭スプレーをかける。

・ニオイはおさまらず、慌てて何度もその行為を繰り返していくうちに悪臭のドツボにはまった。

時すでに遅し。とりかえしのつかない悪臭を発生してしまった。

こんなところではないでしょうか。
もう一つのオナラ連発事件はケンカになり、下ろされた事例なのでニオイの謎は無いですね。

f:id:tp315:20180611141713j:plain

あとがき/最新ニオイケア情報

いかがでしたか。
いずれにしても、人が失神するぐらいのニオイとは謎が残る事件でしたね。

しかし、冒頭でも述べた通り「密室の体臭テロ」は今や社会現象にもなりつつある重大なパワハラ事案と言えます。

ワキガや加齢臭、ミドル脂臭にしても本人は好きでなってるわけでは決してありません。
なので、非常に悩ましい問題とも言えます。
特に日本人は神経質なほどに清潔・潔癖なところがあります。

罪を犯してる意識も、つもりも全くないのに訴えられてはたまりませんよね。

 

そこで、自己防衛は適切にやっておくに越したことはありません。

ワキガ対策のいろいろ。
消臭グッズの選び方、天然由来成分の使い方、食事方法、ワキガ手術をするか悩んでいる人への助言、などなど。
あなたの悩みカテゴリーにあわせて対策記事を読み進めてください。

2018最新ワキガ対策の紹介 | ワキガでごめんなさいネ。。

f:id:tp315:20180611143447j:plain

ワキガ手術も進歩しました。
いまでは「切らないワキガ手術」が主流。
でも、こちらもいろんな施術法があります。

メリットや、デメリット、本当に痛くないのか。
治療費はいくらぐらい?などなど疑問を解決してください。

参考 ワキガ施術最新情報!切らないワキガ手術とは?ワキガと決別!3つのポイント

f:id:tp315:20180611144001j:plain

wakiga-ng.info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です